築地東仙灰干熟成ホームページへ

「和食かとう」



● お店データ ●

和食 かとう

東京都中央区築地5−2−1 中央卸売市場内
TEL 03−3534−6703

営業時間 AM4:15〜PM1:30





「築地ごはん探検隊」第一回は、
東仙スタッフの間でもダントツ人気のお店「和食かとう」さんです。


「かとう」さんは築地場内(セリ場から徒歩5分)という立地条件を
最大限に生かした、新鮮な魚を中心とした和定食のお店です。

営業は朝の4:15から。

朝は築地ではたらく人の朝ごはんとして
またお昼時は築地近くのサラリーマンの昼食として
口の肥えた常連さんが多いお店です。


「かとう」さんの定食は、形容するならば「料理上手なおかあさんの味」。


   何度食べても飽きない。
   何度でも食べたくなる。


厨房を担当されている荒井さんにお話を伺ったところ
その「おかあさんの味」の秘訣は・・・煮魚も焼魚も注文を
受けてから作ること。


   ファストフードの影響で、食事時間にせっかちに
   なってしまった私たち。
   その結果、お店側も効率とスピードが優先に・・・。
   和定食のお店でも、煮魚や焼魚を朝にまとめて作って
   注文後にレンジで温めて出すお店が非常に多いそうです。


『注文が重なってしまうと、お待たせしてしまうこともあるんですけれどね、 やっぱり作りたてじゃないと』  と荒井さん。


そして特筆すべきは、定食に添えられた自家製のぬか漬け。
カマド炊きの真っ白いごはんに最高の塩加減。
ついぬか漬けに夢中になって、ぬか漬けだけでごはん一杯食べてしまうほど。


『和食はね、おしんこが雑だとダメね。』 と荒井さんはぴしゃり。


なるほど。これぞ築地のプロ意識です。



● 今日、ごちそうになった3品 ●

・金目鯛の煮付定食

 特別に「かぶと」(頭の部分)を煮付けてもらいました。

 普通の切身がお好みのお客さんもいれば、絶対「かぶと」指定のお客さんも いるそうです。

 1尾あたり約1.2kgもある金目鯛なので、頭も大きい!
 カレー皿サイズのお皿に、はみださんばかりの「かぶと」には
 圧巻。

 「かぶと」は目の周りのゼラチン質がおいしい とのこと。
 恐々食べてみましたが・・・ぷるるん こりこり はじめての食感。
 なかなか美味でしたよ。
    #この部分はコラーゲンたっぷりで
     お肌がきれいになるらしい。

・さんま塩焼

 本日のおすすめは、やっぱり今が旬!のさんま。

 「かとう」さんのさんま塩焼きは
 業界でいうところの「4kg20尾」という、
 さんまの中でも最も価値のあるキングサイズ。(1尾あたり約200g)

 まるまると太った立派なさんまです。

 そして、築地のセリ場から徒歩5分だから、もちろん鮮度抜群。
 内臓までぺろりとたいらげてしまいました。

 
・釣りものアジたたき定食

 「釣りもの」とは字のとおり、一本一本釣竿で釣ったもの。
 網を使って捕獲したものと比べて扱いが丁寧なので身が
 シャキッとしまり、なにより鮮度の良さがお墨付きの極上品。

 そして

 魚が新鮮。
   生姜が新鮮。
     ねぎが新鮮。

 きっと注文を受けてから作るからでしょう
 
 こんな鮮度感のあるアジのたたきを食べたのは初めてでした。

築地東仙灰干熟成ホームページへ
.

Copyright (c)1999-2003 tosen co.ltd. All Rights Reserved.